プチボヌール 平日午後のコンサート東青梅で開始!

バスバリトンとヴァイオリン とピアノの共演

プチ・ボヌールコンサートの第5弾 バスバリトン&ヴァイオリン&ピアノでの「日本とドイツ 春の調べ 」が、2023年4月20日に満席のお客様に包まれて終了いたしました。お越し頂いた皆様ありがとうございました。

バスバリトンの大澤建さん、ヴァイオリン大澤美佳さん出演をご依頼したのが2ヶ月前、そしてその後にプログラム曲を決めるための打ち合わせを2回経て、リハーサル1回と、かなり入念に選曲をいたしました。毎回、大澤ご夫婦ならではの楽しいやりとりに混ぜていただいて、私もお会いするたびに輪に近くなっていけて嬉しかったです。

ドイツでの経験を軸にした揺るぎないテクニックと表現、人情溢れる演奏をご披露いただき、1曲終わるごとにお客様も拍手喝采、大興奮でしたね。

私にとってはお二人とも初の共演。リハーサル時から和やかで楽しい時間を共有させていただきました。ご夫婦ならではの愛の溢れたお優しいお人柄で救われました。

冬が長いヨーロッパで育まれたクラシック音楽には、春を称えて自然や鳥たちを愛しむ音楽がたくさんありますね。ドイツ歌曲と日本のうたで、皆さまそれぞれの春を満喫して頂けたようで嬉しいです。

ドイツ歌曲(ドイツリート)をぜひ青梅で

サロンは満員での熱気に

実は、ドイツ歌曲って専門的に音楽をやってきていない方には馴染みにくいのでは・・という懸念が少しありました。でもこの青梅でぜひ本格的なドイツ歌曲を聴いていただきたい、素朴でいて、繊細で感情豊かなこの世界観を知っていただきたい思いで敢えて企画しました。

結果、曲の内容を話しつつ歌っていただいたのですが、皆様の反応がとってもダイレクトに返ってきて自然に受け入れて聴いて下さっているのが伝わってきたのです。みなさん「馴染みにくい」というのではなくて逆に「馴染みたい」のかも、と考え新たになりました。この新しい気づきを今後に活かしてまいりますね。

「魔王」の迫力

バスバリトン 大澤建 ピアノ藤波結花

個人としては、学生時代よりたくさん関わってきたドイツ音楽、ドイツ歌曲に満ちた幸せな時間でした。なんと言っても1番の反響は「魔王」ですね! 小学生、中学生にも音楽のCDを鑑賞する授業ではなくて、生のこの音楽を聞いていただきたい、そう思える、生きた音楽を大澤建さんはご披露くださりました。

ピアノ伴奏も超技巧的なのですが、建さんの迫力に助けられ、魔王の魔力を借りつつ、弾き切りました。こんな曲をシューベルトがまだ10代の時に書きあげたって凄すぎますね!

「春」をピアノソロでお届け

ピアノソロではシューマン作曲の歌曲をリストが編曲した「献呈」を前半に加え、ちょうどシューマンの歌曲「Er ist's春だ!」の後に繋げました。シューマンが妻になるクララのために、結婚式の前日にプレゼントした曲で、元は歌曲ですが、ピアノの魔術師リストがのちに編曲をしています。編曲の方がオリジナルと思っている人も意外と多いかもしれませんね。それだけメロディが美しく、ピアニスティックな曲です。

そして後半の冒頭で「日本の春」として平井康三郎作曲の「さくらさくら幻想曲」を演奏させていただきました。日本の音階ってすぐ聴けばわかるし、日本人の血が騒ぐ感覚になるのが不思議ですね。
もう桜の時期は過ぎてしまいましたが、名残惜しさを心に感じつつ満開の見事な桜をイメージしてみました。

プロデュース 、司会、ピアノ演奏 藤波結花

ヴァイオリンでの「2つの春」

大澤美佳さんは前半の冒頭から続けて2曲春にちなんだ曲をご披露くださいました。
クラシック音楽で春を連想させる曲といったらヴィヴァルディの「四季」より「春」でしょうね。日本人も馴染みが深い曲だと思います。

そして次はベートーヴェンの「スプリングソナタ5番」を1楽章のみでしたががっちりとしたピアノとバイオリンとの掛け合いをお楽しみいただけたかなと思っております。器楽アンサンブルとしての面白さ、醍醐味を、私たちも感じながらの演奏でした。

どちらも有名曲ですが、作曲家の特徴が出ていますし、明るい曲調で前半の導入部には最適だったかなと思っています。

ヴァイオリン大澤美佳 ピアノ藤波結花
ベートーヴェン スプリング・ソナタ
プチボヌールコンサート
ヴァイオリン大澤美佳 藤波結花ピアノ

音楽が運ぶ景色

アンコール最後は「故郷」をお客様も歌で加わっての演奏。感極まって号泣されていた方もいらしたようでなにかが浄化されたような空気感が漂っておりました。ひとそれぞれ、故郷への思いは違う。見える景色を音楽が運んできてくれる・・・

コンサートは演奏者だけではなくてお客様と紡ぎ出す一瞬一瞬の唯一無二の時間だと、つくづく感じました。

いつも気持ちよく演奏できるように支えてくださるスタッフ、会場の吉澤オーナー、全ての方に感謝いたします。

プチ・ボヌール(小さな幸せ)がこれからも連鎖してゆきますように。

=========☆=========

次回のプチ・ボヌールコンサートVol.6は


2023年7月6日(木)に決定!
フルートの奥野由紀子さんと共に、


「七夕によせて」コンサートです♪


「プチ・ボヌールコンサート公式LINE」では いち早くコンサート情報や、裏情報、特典動画のプレゼントなどを発信しています。ぜひ、お友達登録してくださいね!

『プチ・ボヌール会員』募集! 

会員になられた方に今回のコンサートの動画を一曲プレゼント。また今後のコンサート、その他のイベントのお知らせをいち早くお届けします。会員割引による優先予約やお得な情報も発信! 

❶メール info@yukafujinami.comまで「プチ・ボヌール会員希望」 と送信くださいませ

❷LINE から
下記のQRコードをスマホで読み取って公式LINE「プチ・ボヌール」の「お友達追加」ができます。
こちらからでも → https://lin.ee/SSM5nys

プチボヌール 会員募集
読み取って公式LINEをお友達追加